スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時はこぼれおちてなくなってゆく

  • 2012/07/31 03:15
  • Category: 映画
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

監督:デヴィッド・フィンチャー
製作:キャスリーン・ケネディ、フランク・マーシャル、セアン・チャフィン
脚本:エリック・ロス
主演:ブラッド・ピット
    ケイト・ブランシェット

あらすじ
1920年代にF・スコット・フィッツジェラルドが執筆した、80代で生まれ、そこから若返っていくひとりの男の姿を描いた短編の映画化作品。普通の人々と同じく彼にも時の流れを止めることはできない。ニューオーリンズを舞台に、1918年の第一次世界大戦から21世紀に至るまでの、ベンジャミンの誰とも違う人生の旅路を描く。 <goo映画より>

老いようが、若返ろうが誰の人生にも終わりはあること。
その中で何度も幸せや不幸、後悔を重ね、人を愛し、色々な事を感じながらいつかは無になる。
自分勝手にも死ぬときには勝手に満足して死ぬんだろうな
好きな人と愛すべき子供と年をとって死にたい。
死をごく当たり前のものとして受け入れられるまで生きたい。
人一人の人生が大きな世界にどれほどの影響を与えられるか知らんが、知らんからこそ
もっと、もっと自分本位に生きていたい
スポンサーサイト

アンモナイトだ

  • 2012/07/30 03:41
  • Category: 映画
『東京公園』

監督    青山真治
脚本    青山真治
       内田雅章
       合田典彦
原作    小路幸也
スチール 斎藤葵

カメラマン志望の青年に突然舞い込んだある依頼をきっかけに、何でも話せる幼なじみ、いつも優しく支えてくれる義理の姉、記憶の中の誰かに似ている被写体の女性-彼を取り巻く立場の違う3人の女性と向き合うことになる…。主人公を演じる三浦春馬が、青年期の揺らぐ心情を等身大で表現するとともに、榮倉奈々の明るさ、小西真奈美の清々しさ、井川遥のミステリアスな魅力が詰まった一作だ。東京の公園に降り注ぐ、うららかな陽射しをバックに語られる各登場人物のドラマが胸にしみる。<goo映画より>

設定見てカメラマンの文字だけでレンタルしてしまう癖。
結局カメラマンは人物のキャラ付けだけで特に関係ないのだが、毎度。
人と人との関係性によるその後の可能性のお話。
義理の姉弟、妻の浮気を疑う夫、恋人を亡くした幼馴染
もしも、手の届かない人がいっそ兄弟なら、なんて妄想に耽ってみたり
どうしようもない話なんだろうけど。少し楽になれるのかもしれない。もっと辛いのかな。
全てのしがらみから解放されたい。

辛い時は甘いもん食べるでしょ普通

  • 2011/09/13 00:57
  • Category: 映画
『アフタースクール』

監督:内田けんじ
出演:堺雅人、大泉洋、佐々木蔵之介、常盤貴子

母校の中学校で働くお人好しな教師・神野のもとに、かつての同級生だと名乗る探偵が尋ねてくる。探偵は、神野の幼馴染で、今は一流企業に勤める木村を探しているという。 探偵の強引なペースに巻き込まれて、心ならずも木村探しに巻き込まれるうちに、神野の知らない木村の姿が明らかになり、事態は誰もが予想しない展開に向かっていく。

wikipediaより


伏線のはりかたが緻密で実際の関係が明かされた瞬間に今までのシーンの意味がいっきにひっくりかえる。
おもしろかったなぁ…。
オーディオコメンタリ―も軽く聞いてみたけど、大泉洋うるせえwwwww

遊び以外の何があんだよ

  • 2011/09/11 01:30
  • Category: 映画
「ばかもの」
監督:金子修介
出演:成宮寛貴、内田有紀、白石美帆、池内博之、

序盤の流れがやばすぎた
ほんとばかもの。
わけのわからん年上の女に出会って、ハマって溺れて
セックスでしかつながってられなくて、狂ってた。
1年前の自分と被りすぎて死ぬほど辛い。
あのカラフルで縞々の袋とか・・・。かぶりすぎんだろやめろよ。
それまでの経験なしにあの人に出会って、近くにいたら俺もああなってたんだろうな。
何もできない学生が釣り合うわけねーんだよ。
捨てられんのは当たり前。
言いたかったんだろうなあの人も
「結婚するから。あんたなんて遊び以外の何があんだよ。」って
でも言葉飲み込んで黙ってやり過ごしたんだろうな。

わかってたくせに引きずって、ばかじゃねーの。まじで。

ばかじゃねーの。

もう溺れない。進む。

自分のことだけじゃない、考える。もっと。
ならない、絶対依存しない。もうやだ

酒飲めなくてよかった。

もうこの時点やだったこの映画

自分の夢叶えて、人並みに、それ以上に幸せになってやるんだ。

観てる最中本気でぶっこわれるかと思った。

心の弱さって見せらつけれると反応する
反応して、拒絶しようとして、受け入れようとして
見入って混乱して、ぐちゃぐちゃ

ぐちゃぐちゃ。
落ち着いて、もう一度格好悪いこと考えて。排除しよう。
それがいい。
誠実に、優しい人になろう。
私のせいで人生めちゃくちゃにしたなんて悲観に酔わせるくらいなら、
私のおかげであいつは成功したなんて調子にのらせたほうが良い。

一生忘れられない映画に出会ってまった。
ハッピーエンドにしてくれてよかった。本当に。
またみよう。

俺、魚の気持ちがわかる男なんだぜ

  • 2011/09/07 00:39
  • Category: 映画
『わたし出すわ』

監督:森田芳光
出演:小雪、黒谷友香、仲村トオル、小澤征悦

小澤征悦さん好きー。
男らしさの塊すぎる。なんなのあの眉毛、反則だろう。
あれで恰好いいんだからたまらんね。

ストーリー
東京から故郷へと戻ってきた山吹摩耶(小雪)。ある日市電に乗った摩耶は、偶然にも高校時代の同級生・道上保と再会する。学生時代から路面電車に関心を持ち、現在は市電の運転士をしている保は摩耶に「世界の路面電車巡りをしてみたい」と話す。しかし、保にはその為のお金が無い。そんな保に摩耶は、「私がお金出してあげようか?」と持ちかける。保の元に後日、摩耶から大金と世界の路面電車の資料が入った小包が届く。

他にも、同級生の夢を叶える為に大金を出す摩耶。しかし、その大金の出所は不明。果たして、その大金の出所は一体何処なのか。何故、摩耶は同級生の為に大金を出すのか。そして、摩耶から大金を受け取った同級生達の運命は…?
wikipediaより


よくある自分が大金を手にしたら…
をいろんな人のパターンで映像化したのかなーと思って観てたけど、もっと人間の心理の奥にあるものが伝えたかったのかなぁと思われる内容でした。

連れてって、これは命令

  • 2011/09/04 01:20
  • Category: 映画
『半分の月がのぼる空』

原作:橋本紡
監督:深川栄洋
出演;池松壮亮、忽那汐里

DVDのジャケット観て借りたけど、観ながら調べてて気づいた。
橋本紬さんの単行本何冊かもってた。
「空色ヒッチハイカー」「ひかりをすくう」「猫泥棒と木曜日のキッチン」
結構好きな作家さんだったのに代表作であるこの作品知らなかったなんて不覚…。

池松壮亮の演技はリアルな高校生らしい優柔不断さや必死さが漂ってて、すごく感情移入できた。
絵的にも病院などの暗所での描写は胸が高鳴るほど緊迫感と高揚感がこみ上げてきて、
良かった。
全体的にテンポも良くて恋愛ものの割に飽きずに観れた。
深川栄洋監督も姉妹校の卒業生ってことで親近感。他の作品も探してみようかな。

死ぬか、稼ぐか。

  • 2011/09/04 00:16
  • Category: 映画
『インシテミル』

監督:中田秀夫
出演者:藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみ、北大路欣也他

珍しく藤原竜也がヘタレ役。原作読まないとただの殺人ゲーム映像にしか見えないっぽい。
後からwikiとかで原作の設定みてるともっと盛り込むべきルールがいっぱいあった。
原作のボリュームがでかいとその分カットしなくちゃいけなかったりで映画での薄っぺらさが際立っちゃうんだね。
原作読もうかちょっと悩むなぁ・・・。
正直あんまり好きな感じじゃなかった。

Pagination

Utility

プロフィール

ぐい

Author:ぐい
平成元年。
写真の奴隷。

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。