スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/28

  • 2011/09/29 06:55
  • Category: 日記
ひっさしぶりに寝坊ぶっこきました。
4時間半睡眠くらいの計算で寝たのに、なんでや・・・。

演習授業は夏休みのブックの批評、クラス28人分の写真集を観て全員の感想を書いて出すって感じでした。全員提出してなかったから何人かなかったけど。
あたりまえだけど全体的にゴールデンウィークに比べてクオリティ上がってるし、それぞれのテーマもぼちぼち見えて来て観るのも感想書くのも楽しくなってきた。
その分つのる焦燥感も増えてくる。
撮らなきゃ撮らなきゃ。
置いてかれたくない。

放課後は暗室に入って減感現像したモノクロのベストプリント製作の続き。
なんか現像時間やたら長いなぁと思ったらプリント用の現像液じゃなくて、フィルム現像用の現像液使ってましたっていう。倍くらい時間かかってた…。
1時間半くらいで何とか終えてマクドナルドに寄って帰宅。


スポンサーサイト

ふくらむ音楽ぼくらのパレード

  • 2011/09/27 20:50
  • Category: 日記
編集の授業は前回の続きから始まって、それも出力して提出。
すぐに次の課題の準備が始まった。

「大須」をテーマにクラス全体で1冊の小雑誌を作る。
7班に分かれて「時間」「音楽」「建物」「風景」「笑い」「男」「女」の小テーマをそれぞれの班で一つずつ担当、一つのテーマにつき見開き1ページを作るといったもの。

自分の班のテーマは「音楽」
大須にあるレコード店やライブハウス、お店の中で流れている音楽、楽器屋さんを取材して
それに伴う写真に文章を載せて作っていく手筈になった。
とにかく現地リサーチはじっくりやっていこうと思う。
お店以外でも大須にいる人達と「音楽」の関わりを掘り下げていったら新しい発見があるかもしれない。

午後の画像処理の授業はCanonの純正のソフト「Digital Photo Professional」を使ったRAW現像の授業。
色設定をしっかりされたディスプレイでの色補正など自分の色彩感覚を培っていかないといけないなぁと思った。
自分のD700で撮った写真のほとんどが若干マゼンダが強いと指摘されて、今更気付いたくらいだ。
ちょっとやばい。

機材の貸し出し禁止が今日から解禁じゃなくて、今日までだったので暗室ようの引き延ばしレンズも借りれず、結局何もできずに帰ってきた。
何もしないのは悔しいからとりあえず映画でも観ながら次の撮影のイメージを探してみよう。

ちぎる

朝からアクリル板を切断したり、あれがないこれがないと大騒ぎ。
前日にきちんと準備しましょう。

月曜日はスタジオの日っ
今日はRZ67を使っての実習だったので画像はなし。
早く現像出しにいかなきゃ・・・。

シズル感の清涼感を出す実習でした。
ポイントとしては、トレペでしっかりやわらかい光で全体をライティングしつつ
カメラの設定は絞り込みめで、水滴のセットはそれらしく。ぴょんぴょんって

放課後は暗室に入って先週撮った子のモノクロプリントの続き。
ストレートプリントまでできたから、もう少しコントラスト変えながらベストを目指そう。

明日やっと貸出禁止が解禁されるから、67借りて木曜日のブローニー現像のための撮影したり、
時間気にせず暗室入ったり、単焦点レンズ借りたりできる・・・。


(9/24)

  • 2011/09/26 01:05
  • Category: 日記
ラクロス撮りにいって、学校いって、大須いって飲みました。
翌日のバイトがあったので自分だけ素面で通しました。
酔っぱらった子が事件を起こしたけど語れません。

ぷあー\(^o^)/

くしゃ技(9/23)

  • 2011/09/24 01:06
  • Category: 日記
夕方から金山駅で翌日のラクロスの試合撮影についての打ち合わせ。
いつもの学校の友達とその子の高校の友達で。
ロッテリアでちょこっと打ち合わせした後、二人で栄のトップカメラでフィルム買ったり、
ユニクロ行ったり、カフェで飯食ったり。
食事が出てくるの遅すぎて何を頼んだかすらくるころには忘れてた。
ほんと寒くなってきたなぁ。服出しとかないと・・・

明日は気合い入れてこー!!
初めて撮るシチュエーションってわくわくするよね。
2011-09-23_6180.jpg
NikonD700 f/4.0 1/50 ISO1600 28mm/VR 28-300mm 中央トリミング

ねくすとすてーじ(9/22)

  • 2011/09/24 01:05
  • Category: 日記
朝の電車の中で虹が見えてついつい興奮して満員にも関わらず望遠レンズで連続シャッターきっちゃいました。
今日現像するはずのフィルムで1枚も撮れてなかったので学校に着くまでに他学科の友達にメール
『朝5分だけ時間ちょーだい。学校の近くの公園で待ってるから。』
と、用件は明かさずに呼び出し。
始業まで15分ってところから無理やり撮影開始して5分で36枚撮りフィルム1本消費して登校。

2週連続微粒子現像実習の第2講っ
「減感現像」でした。
ISO400のフィルムをISO200またはISO100の撮影設定で撮った状態で
現像時間を短くするというもの。
増感現像と違って現像時間が短く済むのはちょっと嬉しかったり。
コントラストの低い軟調なネガができるので
晴天時の雪上やライブハウスでの撮影など
コントラストの高いシーンを撮影する場合などに有効らしい。
やっぱり自分が撮った後で観たいと思う写真の方が現像や暗室プリントにも力が入るしいいなぁ。
今までフィルム撮影が苦手であんまり暗室も気が進まなかったけど、結局は撮影時のやる気次第かなとも思う。
どうしてもデジタルと違って、内臓露出系もないしシャッターきるまでの手順が億劫で
普段から撮ろう撮ろうとは思えなかったし
『何かを撮って来なくちゃいけない』って義務感に追われて撮ったものっておもしろくない。
普段からある程度意識してフィルムも使っていこー

なんとか前回のベタ焼きとベストプリントも出せたけど、今回分のベタとベストが出せていないので
来週の月~水曜日までに暗室はいらないと(;・`ロ・)
外気との温度差はすこし減ったけど、相変わらず20度設定は寒いっす。臭いし。
来週は『ブローニー現像』!
火曜日に貸出禁止が解除されるから早く撮影しないと・・・。
PENTAX67借りたいけどアシスタントさんからは皆借りないからRZ67借りろって言われた。
正直RZでスナップは辛いっす。でかいし学校のほとんどストラップついてないし撮りにくいし。
ハッセルブラッドも借りれるらしいけど200万の機材持ち帰るのはちょっと・・・

17時くらいからは他学科の子と映画を見に名駅へ。
地下鉄の出口をいつもと違うところから出たら迷子になって、映画館とは反対方向にだいぶ歩いてた。
映画館についたのは18時半頃で観たかったのがちょうど上映開始時刻すぎたところで、次の上映時間を待っていたら帰りがだいぶ遅くなるので今回はあきらめて飯だけ食って帰ってきた。
方向音痴が災い成しまくり。
来週の約束もできたのでよしとしよう。
肌寒くなって、人肌恋しくなってきたよう。

2011-09-22_6281.jpg
NikonD700 f/5.6 1/13 ISO1600 300mm/VR 28-300mm

けーえふしー

  • 2011/09/22 01:20
  • Category: 日記
外に出れないだけでやることなさすぎてびっくりした。
写真集はやっちゃったし、家でPC使ってやることないんだもの。
撮影もできなけりゃ、暗室籠って課題もできない。

結局借りてきたDVDの消化に努めるだけでしたとさ。
今日は「僕達と駐在さんの700日戦争」と「おとうと」を観た。
昨日は江國香織の「東京タワー」ちょっと前に「今度は愛妻家」
メモがてら。

夕方父ちゃんを迎えにいって、そのまま岡崎アピタでフライドチキン買って帰宅。
もう18時くらいには雨風もやんで、今は虫の声すら聞こえるほどに空気が落ち着いてた。
明日の減感現像用のフィルム撮ってないけどどうなるんだろ。授業中に撮影行って来いとかだけは勘弁したい。

そういえばさっきクラスの友達から電話かかってきたけど
好きだったプロのバンドのライブ撮れることになったらしい。めっちゃ羨ましい…。
2011-09-19_6159.jpg

たいふーん(9/20)

  • 2011/09/21 12:38
  • Category: 日記
朝は豪雨の中、原付にレインコート着込んで駅までダッシュ。
顔に当たる雨粒がまるでエアーガンのようにビチビチと…。
唇に当たるのが一番痛かった。

編集の授業は前回の続きでインタビューした内容を写真に組み合わせてレイアウトしていく作業。
なぜかできあがったのは週刊誌のグラビアページ…。
何を見てきたかよくわかるね・・・。
隣のディスプレイを覗き込むとワリトオシャレなレイアウト。
見に来たやつにエロ本みたいと言われる始末\(^o^)/
色んな雑誌のページを注意深く見よう・・・。

午前中の授業が終わったところで暴風警報が出ていたようで、強制下校させられた。
地元の駅についたときはちょうど晴れ間が刺していて難なく帰宅できた。

夕方親父からメールが着て
「名鉄もJRも動いてへんぞ!!!お前どこや!!」
ごめんね、父ちゃん先に帰ってたよ。

雨降ってる時にフラッシュ焚くとおもしろいよね。
誰か道に立たせて撮りたいなっ
2011-09-20_6136.jpg
NikonD700 f/5.6 1/60 ISO800 28mm/VR 28-300mm

えくすぷろーじょん

  • 2011/09/19 23:00
  • Category: 日記
ようやく写真集の発注が終わりました。
今週からは撮影作業と暗室プリントの作業に本腰入れていこうかなっ。
かなっ。

やりたい事が見え隠れ。
隠し玉もひとつ消えふたつ消え。
残った策はなくさないように大事に大事に育てていこうと思います。

敬老の日にかこつけて無性にケーキが食べたかったので不二家へダッシュ。
他のケーキ屋あいてなかったんだもーん。
目ぇつけてたケーキ屋さんはなぜか歯医者になってるし…
親知らずを放置してる俺に対する嫌がらせ?

ほんと、何撮っていけばいいのかわかんなくなってくる。
テーマが空からふってくればいいのに。

割と暗めのテーマでやってきたから、今回のブックはそれで一区切りつけて
また趣向変えて撮ってみようか。
明るめのとか撮ってみたいっていうのもある。
撮る人間が割と精根腐ってるし、やれないことよりやれることを伸ばすべきか。
派生した他方面の新しい可能性を探すか。
全部か。
恋人とかに限らず人物のいろんな表情撮りたいっていうのは以前よりも強くなってるし
そっち方面もやっていこうかなぁ。
ちゃんと声かけよう。

ある時間と機会をしゃぶりつくすんだ。
2011-09-14_5902_edited-1.jpg
NikonD700 f/2.8 1/50 ISO800

きちゃねー。

うつせみ

  • 2011/09/18 07:55
  • Category: 日記
一日中写真集の編集作業をやってた。
20時頃に姉の友達が京都から泊まりにきたので日本間からささっと撤退。
組みと並びはできたし、あとはデータでレイアウト考えるなり、タイトルつけて編集後記書くだけやー

とりあえずこれでもう少しすれば撮影作業に移れるけど
被写体にしたい子らが乗り気じゃないし、
うまくいかんなー
自分のもっていきかたが悪いんだろうけど、
一度悪い方向に気持ちが向いちゃったのをどう挽回すればいいのやら…

鼻の下にニキビできるし…
甘いもんばっか食ってたからかなぁ

2011-09-16_6109.jpg

ラーメンズ

  • 2011/09/17 14:32
  • Category: 日記
撮影技術の授業では前回の批評の続きとフレーミングについてのビデオを観たり、
ヒストグラムと適正露出、露出の勘の話などなど普段の撮影に関係する事を改めて復習した後

『同一被写体10テーマ』という課題を出されたのでとりあえず皆と同じような被写体が嫌だったのと
外をぶらつきたかったので栄のダイソーへ。

色々物色した後、風呂場に浮かべるようなおもちゃのアヒルを買って撮影に移りました。
買い物してる時間が長すぎて結局6テーマしかできなかった…。
ご利用は計画的に!




2011-09-16_6035_edited-1.jpg2011-09-16_6032_edited-1.jpg




2011-09-16_6029_edited-1.jpg2011-09-16_6031_edited-1.jpg



放課後は学科長の先生に夏休みの写真集と今後の相談したり
クラスメート7人でラーメン食べに行ったり、アイス食べに行ったり
そんな一日。

学科長に最近撮影させてもらっている女の子の写真を見てもらったところ
「まだ友達の域から出てないよ。撮影のために同棲するくらいの勢いが必要なんじゃないのか」
日程は撮影主体で組めよ。と
それといろんな相手に対して素でその状態が作れたら、倫理的なことは置いておいて「1週間彼女」的な作品も作れるんじゃないかとのこと。

自分の中に一番にあるもの
写真の道に足を踏み出すきっかけになった写真集
中村泰介さんの『妻を撮ること』に近いものを作りたいという話。
一緒にいることが当たり前の二人の間に流れる空気感を切り取られた写真集。
人を愛おしむ温かい空気のある作品。

確かに、極端な事を言えば目の前で屁こけるくらいの仲じゃないとあんな感じはでないのかもしれない。
もっともっと、時間がほしい。

一定のレベルまでなら人の事を好きになれるけど、それ以上の関係になることへの恐怖感が拭えなくなってきたのはいつからだろう。
被写体とテーマありきで目指したはずの道の上でどちらもなくして、それなりに頑張ってきたつもりだったけど
ここにきて目を背けてきた壁にぶち当たった。
前に進むためのファクターは揃ってるんだ、まだまだ粘ってみよう。
自分次第なのだから。

ハンシャシンケイ

  • 2011/09/16 01:17
  • Category: 日記
暗室実習。
何も入ってないタンク使って現像作業するとかポカやったけど、
なんとか時間内に昨日撮ったフィルムの現像もできました。

午前中で授業が終わって午後から撮影する予定だった大学の同級生がちょっと予定がずれて夕方になったので
大須にぶらぶら煙草を買いに行って、まだまだ時間があったのでfoto-n 2nd写真展」をもう一度見に行ったり
栄周辺をぶらぶらしながら時間を潰しました
合流後も栄周辺をぶらぶら
初めて撮る子だったので一番使い慣れている50mmの単焦点を来材室から借りての撮影

女の子らしい女の子
自分がなくした純粋さを瞳の奥に隠し持っている子
深い深い瞳の光に引き込まれるようにシャッターをきりました。
今まで撮ったどの写真とも違う光と表情が写り込んでいて
家で見返してたらいつの間にか3時間以上経ってました。こわい。
次はもう少し何もないところで撮ってみたいと思わせる子でした。

夏休みの写真集作らなくちゃいけないのに、どんどん撮影の方に意識が向いていく
やばいなぁ。

明日は授業後先生に写真の批評をお願いしているので、
昨日吐き出して整理した日頃のモヤモヤを相談してこようと思います。

今日人物撮ったのめちゃくちゃ公開したいけどできなくて悔しい。

2011-09-15_5928.jpg
NikonD700 f/2.8 1/500 ISO200 50mm

なにがなんでも

  • 2011/09/15 02:55
  • Category: 日記
高校1年の時の担任の先生のくちぐせ。

「なにがなんでも」

「寝ても覚めても」

この二つをずっと念頭に置いて行動すればだいたいのことは成就するよって話。

今日はまる一日写真の批評の授業。
メイクフォトをズバ抜けてやってる子がいる。
自分がやりたいなーって少し思っても行動に移してなくて、足踏みしてる間に颯爽と抜き去っていかれた。
この差は何なのかと、そのあと自分の写真を見なおしても圧倒的に数もクオリティも追いついてない。
やりたい事があっても言い訳作って、余裕のある時しかできてない。

「なにがなんでも」の域にはまだ達せてない。
時間なんか作ろうと思えば5分でも10分でも写真は撮れる。
いらない想定作って言い訳して、面倒くさがってただけじゃないのかと。
負けんなー、自分に負けんなー!

放課後は愛知県芸術文化センターで行われている「foto-n 2nd写真展」の観覧に行ってきました。
秦義之さん主催による20人の写真家さん達の写真展。
圧倒的力量差を見せつけられ、魅入るばかりの写真展でした。
この興奮はもう、行って確認してきてください・・・。
今月25日までやっているそうです。明日も時間があれば見に行こうかなぁ。

観覧後、学校に戻って19時まで夏休みの写真集の製作に戻って「ああでもない、こうでもない」言いながら、
撮りためた写真達とにらめっこしてました。
写真集の製作中は撮影作業が滞りがちだけど、ちゃんと並行してやっていきたい。
ってことで明日は大学の友達に時間を作ってもらったので、がっつり撮影してきたいと思います。

19時頃からクラスの友達と二人で近所のサイゼリアへ、早めに帰ろうかなんて言いながら入ったのに話し始めると普段溜まっていることがせきを切ったように口から絶え間なく出るわ出るわ・・・。
気付けば22時半・・・
結局帰宅したのは24時前でした。

明日の微粒子現像実習のためのACROSというモノクロフィルムを使った撮影がまだ終わっていなかったので、
超不機嫌な姉に平謝りしつつリビングで30枚ほどポートレートモデルになってもらいました。
今回のテーマは「(できれば)家族」だったので、起きてた姉に手伝ってもらうことに。
じいちゃんの形見のNikonS2、ちょいちょいコマ飛ぶけどちゃんと撮影できてたかは明日のお楽しみです。

レンズ修理中特別企画毎日違う長さのレンズを使ってみようシリーズ
今日は28mm f/2.8のレンズ。
普段50mmの標準レンズを使っていたせいか、昨日使った35mmと今日の28mmはめちゃくちゃ広く感じて寄って撮るの好きな俺にとってはかなり使いやすかったし、楽しかった。
毎日違う長さのとか言いつつ明日は50mm借りるけどね!

2011-09-14_5906.jpg
NikonD700 f/2.8 1/50 ISO800 28mm

Full Moon

  • 2011/09/14 01:52
  • Category: 日記
午前中は作家紹介の授業。
卒業生の作品群や上田義彦さんの「1986」の紹介をうけました。
『1986』は紹介されてる間、動機が激しくなるほどの羨望の気持ちが胸をかき荒らしました。
ソフィ・マリーの憂いと愛に満ちた視線にはどんな男性も息をのむんじゃないかと。
上田さんはどんな空気の中あの写真を撮影したのだろうか、ずっと頭から離れませんでした。

午後からは画像処理の授業。
今回はRAW現像について。グレーボード、カラーチャートを撮り込んでのRAW撮影でした。
D700は特にだと思うけど、カメラ自体に内蔵されてるJpeg処理ソフトがホワイトバランスの調整が弱いようで、
RAW現像で調整しないと人肌の質感や全体の色が結構おかしいのでRAW現像で作った写真の方が圧倒的に綺麗でした。
今度から女の子撮ったりする時はRAWも挟んで撮影しようと思います。
人肌がやたら黄色く写る気がしていたけど、やっぱり気のせいじゃなかった。

放課後は昨日からおかしかった愛用レンズ『AF-S 50mm f/1.4』をトップカメラに修理に出してきました。
良い機会なのでそろそろ他の単焦点レンズも試してみようと気材質から35mm f/2.0の単焦点レンズを借りてみました。
少し画角が広くなるだけで、今までとはかなり違った絵ができあがるなぁと感心していました。

その後21時頃から他学科の気になってた子と食事へ。
色々話せてよかった。

帰宅後は昨日15夜で月が綺麗だったと学校で聞いたので、1日遅いけど屋上に出て月を撮ってみました。
まんまるでおいしそう・・・。2011-09-14_5665.jpg
NikonD700 f/5.6 0.8sec ISO200 300mm

辛い時は甘いもん食べるでしょ普通

  • 2011/09/13 00:57
  • Category: 映画
『アフタースクール』

監督:内田けんじ
出演:堺雅人、大泉洋、佐々木蔵之介、常盤貴子

母校の中学校で働くお人好しな教師・神野のもとに、かつての同級生だと名乗る探偵が尋ねてくる。探偵は、神野の幼馴染で、今は一流企業に勤める木村を探しているという。 探偵の強引なペースに巻き込まれて、心ならずも木村探しに巻き込まれるうちに、神野の知らない木村の姿が明らかになり、事態は誰もが予想しない展開に向かっていく。

wikipediaより


伏線のはりかたが緻密で実際の関係が明かされた瞬間に今までのシーンの意味がいっきにひっくりかえる。
おもしろかったなぁ…。
オーディオコメンタリ―も軽く聞いてみたけど、大泉洋うるせえwwwww

腹痛系男子

  • 2011/09/12 23:10
  • Category: 日記
月曜日はスタジオの日っ

今日はシズル感表現の実習で、温かいものの撮影でした。
湯気が出るように事前にライティングとセッティングをしておいて、
温かいものと素早くすり替えてパシャッ!パシャッ!

何を撮るにしてもそれぞれ適したライティングがあるのだと教えられる毎日ですが、
今回は特に確かにこんなだよなぁ。と思わされた日でした。
もっとフレーミングとか撮影角度とか、遊んでも良かったかなぁとは思いますが・・・

_MG_8872.jpg
Canon Eos5D f/3.5 ISO100 100mm
ライティング自体はメインライトもサブのハニカムグリッドはめたスポットライトも確か4.0半
なので半段とばして明るめに。ビレバンで見た料理本のカタログを真似して被写界深度も浅目に。

しかし、画面に味噌汁だけってすごく不自然でちょっとシュール。

次回のスタジオはシズル感の冷感表現らしいです。
何撮ろうかなぁ・・・。

いちにち

  • 2011/09/11 23:16
  • Category: 日記
ばいと。

おやすみなさい。

明日のスタジオの授業のためのラフスケッチは一応終わったし、問題なし!

あじしおのりしお、ガンエン

  • 2011/09/11 01:40
  • Category: 日記
あさおきて、

ふろはいって、

めしくって

えきいって、

ばいとして、

帰ってきたら1日終わってたと思った

のに

とんでもない映画観てまった。ばかもの

引きずらんように明日もバイトしよう。
来週は今後の身の振り方考えることになるかもしれないイベントがあるし、
やることキッチリこなしてこ。

写真セレクトする時間がねえええ。放課後がんばろっぺ

ぺっぺ
2011-09-10_5616.jpg

遊び以外の何があんだよ

  • 2011/09/11 01:30
  • Category: 映画
「ばかもの」
監督:金子修介
出演:成宮寛貴、内田有紀、白石美帆、池内博之、

序盤の流れがやばすぎた
ほんとばかもの。
わけのわからん年上の女に出会って、ハマって溺れて
セックスでしかつながってられなくて、狂ってた。
1年前の自分と被りすぎて死ぬほど辛い。
あのカラフルで縞々の袋とか・・・。かぶりすぎんだろやめろよ。
それまでの経験なしにあの人に出会って、近くにいたら俺もああなってたんだろうな。
何もできない学生が釣り合うわけねーんだよ。
捨てられんのは当たり前。
言いたかったんだろうなあの人も
「結婚するから。あんたなんて遊び以外の何があんだよ。」って
でも言葉飲み込んで黙ってやり過ごしたんだろうな。

わかってたくせに引きずって、ばかじゃねーの。まじで。

ばかじゃねーの。

もう溺れない。進む。

自分のことだけじゃない、考える。もっと。
ならない、絶対依存しない。もうやだ

酒飲めなくてよかった。

もうこの時点やだったこの映画

自分の夢叶えて、人並みに、それ以上に幸せになってやるんだ。

観てる最中本気でぶっこわれるかと思った。

心の弱さって見せらつけれると反応する
反応して、拒絶しようとして、受け入れようとして
見入って混乱して、ぐちゃぐちゃ

ぐちゃぐちゃ。
落ち着いて、もう一度格好悪いこと考えて。排除しよう。
それがいい。
誠実に、優しい人になろう。
私のせいで人生めちゃくちゃにしたなんて悲観に酔わせるくらいなら、
私のおかげであいつは成功したなんて調子にのらせたほうが良い。

一生忘れられない映画に出会ってまった。
ハッピーエンドにしてくれてよかった。本当に。
またみよう。

ぴったんぴったん

  • 2011/09/09 22:30
  • Category: 日記
今朝方までセレクトを続けて、なんとか4分の1程度は減らすことができました。
4000枚ちょっとからどの程度までしぼりまくって写真集を作り上げられるか…。
ここから踏ん張りどころですね。

今日の授業も夏休みの写真批評。
撮影技術の授業だったので、課題だった花火の写真の批評がメインでした。

町の情感も一緒に収めた写真を撮ってきていた子がいて、それがすごく印象に残りました。
花火の日の町の景色が凝縮されていて素直に感心、同時に嫉妬しました。
花火ばかり見ていて、周りに注意がいってなかったなぁ。

授業後は撮影技術の担当の先生を捕まえて2時間ほど自分の夏休みの写真を観ながら
批評、今後の写真集の制作のアドバイス。これからの撮影に臨むための姿勢や心持ちの話をうかがいました。
こちらの話を肯定しながらじっくりじっくり一緒に考えてくださる素敵な先生。
話しているうちに今までのテーマに付随する新たな人物撮影へのアプローチが見えてきたので、
学校帰りに友達とビレッジバンガードに行ったついでに実行に移してきました。

『煙草を吸う人』

少し大きめ公園で、近くの路上は「路上喫煙禁止区域」に含まれていたので喫煙者を数人発見。
声をかけて撮らせてもらいました。皆さん快く承諾してくださったおかげで、落ち着いて構図に気をつけながら撮影できました。
気だるそうに紫煙を吐き出す姿はやっぱり格好いい。

人体への影響などを理由に更に迫害され始めてきた喫煙行為、
しかし昔から煙草を吸う人の周りにはどこか落ち着いた空気があったり、人と人との環があることに気付きました。
『メランコリック』な情景にも通じるところがあるし、何より人物の写真を撮る上でこれ以上に自分にぴったりな理由、テーマはないかと思いました。
そもそも自分が喫煙し始めたのも吸ってる人の動作が単純に格好いいと思っていたからで、
マイナス面などには目を向けてすらいませんでした。
街中で喫煙していると、白い目で見られるような時代に突入してきてしまいましたが、
今一度改めて煙草を吸う大人の艶っぽさに目を向けてみようと思います。

2011-09-09_5519_edited-1.jpg
NikonD700 f/2.8 1/50 ISO3200

街灯からのライティングや背景考えないと、綺麗に煙写らないかなぁ。
夜は顔のライティングも気にしないといけないし難しいかも。

雲の上、空の下、宙の中

  • 2011/09/08 21:00
  • Category: 日記
昨日までの肌寒さはどこへやら、カラっと晴れて
黒の長袖のTシャツ着ていった自分は完全に汗でペッタペタな一日を過ごしました。

暗室は復習という名目で、フィルム現像かプリントなら自由に行ってよしとのことだったので
夏休みの間まったくモノクロフィルム撮影をしていなかったので、前期の名古屋港ロケで撮影した写真を一枚
ストレートプリントを出して終わりました。

授業後はクラス全員参加で山内悠さんの個展「夜明け」へ
富士山の7合目で4年間定点撮影された作品の数々が展示されていました。
雲の上からさらに上には空が広がり、自分の立っている場所が宇宙の一部だと思い知らされるほどのスケール。
自然も宇宙もすべてが映された景色はただただ美しく、惚けてしまいそうな作品でした。
山内さん本人も在廊されていて、お話を聞かせていただくことができました。
撮らされている感じがあるのはしかたなくて、衝動的にシャッターをきることの不思議さ。
そうして撮影されたものはプリントの段階で自分の作品にしあげていくこと。
フィルム撮影の神秘について。
熱く語ってくださいました。
フィルムは光を焼き付けて、それをプリントの段階で引き伸ばし機でまた光を使って印画紙に焼き付けることの重要性。
光はエネルギー、もらったものをそのまま運用して具現化するプリントは本当に神秘的だということ。
なんてオカルトチックなと思いながらもなるほどと思わされました。
その場で写真集を購入、サインを入れていただきました。超嬉しい。

山内悠さん yu yamauchi

名古屋での展示会は今月11日までやっているそうなので興味のある方はぜひ足を運んでみてください。
会場等の詳細はこちら


今までフィルム撮影は単にラチチュードが高いからって理由だけでいいなぁと思っていたけど、
今日の展覧会を終えて、フィルムへの重い少し強くなった。
自分で現像、プリントのできるモノクロも少しヤル気が出てきたので
次回の課題の微粒子現像用のフィルム以外にも、いつものPRESTOというモノクロフィルムを3つ購入してきた。
じいちゃんのNikonS2頑張って使おう。
進級制作でモノクロ作品の提出もあるみたいだし、やっといて損はないよね。
暗室嫌いも直していこう。

展覧会の後友達とその場で別れて、大須のタバコ屋さんへ。
いつも一緒にいる友だちにこの前の紅茶のフレーバーのタバコを嫌がられたので今度はアークロイヤルのスウィート(チョコレートフレーバー)を購入。

地元に戻って美容院でカットしてもらって帰宅。

晩飯後にアークロイヤル吸ってたら父ちゃんが黙って一本とっていきました。

さー、セレクト作業するぞー!

2011-08-31_4989_edited-1.jpg
NikonD700 f/3.2 1/800 ISO800

ふらっぴー

  • 2011/09/08 00:40
  • Category: 日記
午後の授業が夏休みの写真の批評だったので、前日にキャリーにL判2000枚詰めて台所に置いといたのを忘れてでかけて、電車に乗る直前に思い出して引き返した。
2本早めの電車待ちだったから何とか原付飛ばして間に合った。
まじ焦った・・・。

午前中はキャリアガイダンスの授業で「昨今の新卒内定者の勤続困難な状況の打開策」についてのディスカッションを行いました。
景気や企業側の不透明性とか問題点は色々あがるけど、やっぱり被雇用側個人の意識が一番でかいんじゃないだろうかってのが自分の結論でした。

午後の写真批評ではフレーミングがまだ甘いとの注意を受けました。
以前よりは色んな角度や距離感でものを見れるようにはなってるし、もう少し人物の枚数を増やしていかないとっていう課題も見えてきました。

放課後はいつものメンツ3人で写真見て、日が暮れる頃には学校を出てビレッジバンガードに二人で行って雑誌や絵画集、フォトショの教則本を眺めたり、近くの公園でぐだぐだ喋ってました。
やっぱりスナップから個人色を出すのは難しくて、人物を撮るのが一番個人の表現としては向いてるのかなぁなんて話をしたり。
話の途中で触覚プラプラさせた茶色いイヤらしい子が靴に這い上がって来たので逃げるように帰ってきました。

明日は暗室実習・・・そういえば夏休みいっさいモノクロ撮らなかったけど大丈夫なのかな・・・。

以前撮った駅の駐輪場の隅に咲いていたバラが良い感じに枯れてたので今までの反省を色々盛り込んでリベンジ。

2011-09-07_5419.jpg
NikonD700 f/3.5 1/25 ISO800

俺、魚の気持ちがわかる男なんだぜ

  • 2011/09/07 00:39
  • Category: 映画
『わたし出すわ』

監督:森田芳光
出演:小雪、黒谷友香、仲村トオル、小澤征悦

小澤征悦さん好きー。
男らしさの塊すぎる。なんなのあの眉毛、反則だろう。
あれで恰好いいんだからたまらんね。

ストーリー
東京から故郷へと戻ってきた山吹摩耶(小雪)。ある日市電に乗った摩耶は、偶然にも高校時代の同級生・道上保と再会する。学生時代から路面電車に関心を持ち、現在は市電の運転士をしている保は摩耶に「世界の路面電車巡りをしてみたい」と話す。しかし、保にはその為のお金が無い。そんな保に摩耶は、「私がお金出してあげようか?」と持ちかける。保の元に後日、摩耶から大金と世界の路面電車の資料が入った小包が届く。

他にも、同級生の夢を叶える為に大金を出す摩耶。しかし、その大金の出所は不明。果たして、その大金の出所は一体何処なのか。何故、摩耶は同級生の為に大金を出すのか。そして、摩耶から大金を受け取った同級生達の運命は…?
wikipediaより


よくある自分が大金を手にしたら…
をいろんな人のパターンで映像化したのかなーと思って観てたけど、もっと人間の心理の奥にあるものが伝えたかったのかなぁと思われる内容でした。

ぴーりかぴりらら

  • 2011/09/07 00:30
  • Category: 日記
なんだか急に肌寒くなってきたね。
ポロシャツ一枚で飛びだしたらあまりの寒さにびっくりしました。

帰りは鳥肌とまりませんでした。もう上着を用意しよう。
これで明日気温上がったら俺太陽さんにぶちぎれてくる。

初めての編集関係の授業は結構おもしろかった。
男女ペア作って『あなたの大切なもの』についてインタビュー。
その後そのイメージをもってポートレート撮影。
次回の授業でインタビューをもとに本文書いて雑誌風にポートレートに組み合わせて1ページ作るらしい。
ポージングの指示とか普段しないからなかなかテンパった。
同じ学科の子だから協力的だけど一般の子に対する時ってもっとヤバそう。

午後からの画像処理関係の授業ではフォトショ(CS4)の基本操作のおさらいと
コンタクトプリント(ベタ焼きみたいなの)の作成と自動バッチについて。
帰ってからうちのElements8.0でどの程度できるか調べてみたけど
・バッチに似たようなものはある。でも画像が超絶荒くなるという糞仕様
・コンタクトシートはできません。

/(^o^)\
悔しかったからコンタクトシート作成できるソフト探してみたら、あった。
こちら⇒ViX
すごいね、フリーソフトだよ。作った人まじぱねえっす。

授業後変わった煙草が吸いたいなーと、たばこ税増税なんて知らぬ存ぜぬと言った顔で大須のたばこやさん目指してぷーらぷら。
人撮ろうかなーと思うも、どーにも腰がひけて話し掛けるタイミングがつかめない。
どうしたんだー
お友達が吸ってると言ってたアークロイヤルの紅茶のフレーバーの煙草を2箱試しに買いました。
確かに香る。吸ってない人からしたらどんな感じなんだろ。煙草臭くなけりゃいいなー
大須の町はなんだか活気があって、自分が妙に場違いな感じがして浮いてる気になって
それが変に嬉しくて、にやにやしながらぷらぷら帰りました。

明日はキャリアガイダンス&夏休みの写真のクラス内批評の授業。
大学での就職活動から逃げた俺にとって、初めての就職に関しての説明会。
遅れをとったとかじゃなくて、自分の行きたい道に乗るための行動を起こしたんだ。
だから大丈夫。それに関しては焦らないし、時期が来るまでじっくりやる。

クラス内批評に関してはL判のセレクトがまだ中途半端な分、どう分けて並べようか頭を抱えてる状態だったり。
とりあえずクラス内でも特に気になってる人(作品的な意味で)がいるから、全員は集中して観れなくてもメリハリつけてちゃんと見よう。
担当の先生が変わっちゃったけどどうなることやら。

2011-09-06_5341.jpg
NikonD700 f/2.8 1/640 ISO200

あわあわあわあわ

PCがそろそろ限界です・・・。
2TBのHDDを買ってきたのでデータ移し替えて、フォトショやらメディアプレーヤーのライブラリの変更してたけど、
途中でPC本体が熱もってブゥン・・・
電源トンダ\(^o^)/

再起動後何回やってもフォトショに付属してるElements organizerっていう写真の整理用ソフトが動かない。
これでほとんど管理してたのに・・・。
アンインストールしなおそうにも、エラーが出てインストールウィザードが強制終了させられるという。
どうしたらいいのエロい人教えて・・・。
全部再インストールとかもうしたくないよ・・・。
一日でもPC使えないと痛いよ;v;

とりあえずその場凌ぎ用にPICASA3に写真全部うつしてるけど、これ評価用の5つ☆無いじゃん・・・。
何か良いの無いかな。見やすさではPICASA、汎用性ではNikonViewNX、一番使いやすかったのはElements Organizer
とりあえず早く寝たい。でもどうしよう

アバババババ
お金さえあれば全て解決するのに・・・。真面目に節約生活入らないといけないかなぁ。
まともなPC欲しいよう・・・ フォトショCS欲しいよう・・・ ブリッジ入れたいよう・・・

本当どうかしてるみたい

明け方、激しい耳鳴りと金縛りに襲われる。
目はひらくけど足とか全然動かねえ。
徐々に肢体に感覚が戻ってきて動けるようになり、時間を確認すると3時半過ぎ。
まだ布団に入ってから30分しか経ってない。

あと3時間は寝れると思いもう一度布団の中に潜って目を瞑る。
うとうととまどろみの中に溶け込みそうになった

直後また耳鳴り。そして手足の感覚が遠のく。
疲れてんのかな、すっげー恐かった。

いつの間にか寝ててなんとかいつも通り朝6時半には目を覚ますことができた。
昨日の体調不良っぷりを気にしてか朝はばあちゃんがお粥を作ってくれてた。
ありがたや。

新学期しょっぱなのスタジオの授業は例のテーマ固定の夏休みの課題写真提出と
前期の授業内容のおさらい。
主にライティングのポジションごとの表情の確認や、2灯ライティングによる明暗差の確認。
例のテーマ固定の課題は以下の10点を提出した。
2011-07-25_3651.jpg
NikonD700 f/1.4 1/50 ISO800

2011-07-22_2885.jpg
NikonD700 f/2.2 1/80 ISO1600

2011-07-19_2568.jpg
NikonD700 f/3.2 1/640 ISO3200

2011-08-03_4322_edited-1.jpg
NikonD700 f/1.4 1/2000 ISO3200

2011-07-22_2932.jpg
NikonD700 f/1.8 1/2000 ISO1600

2011-08-12_6102.jpg
NikonD700 f/1.6 1/8000 ISO3200

2011-08-06_4827.jpg
NikonD700 f/5.6 5.0sec ISO200

2011-08-06_4934.jpg
NikonD700 f/1.8 1/200 ISO800

2011-07-28_3249.jpg
NikonD700 f/2.2 1/30 ISO800

2011-07-25_3616.jpg
NikonD700 f/2.2 1/25 ISO400

先生の批評は「1枚目はもっと[光]というテーマにこだわるのなら、光を強調するためにアンダーで撮っても良いんじゃないか」というもの。
試しにレタッチで少しアンダーにしてみた。
2011-07-25_3651dark.jpg
確かに、こっちの方が好きかも。
後は数点褒めてもらえたのでよかったかな。

学校帰りにはクラスメート5人と名古屋PARCO8階で開催中の岡本太郎展『顔は宇宙だ。』
を見に行った。
相変わらずの狂人っぷりの炸裂した作品に首をかしげたり、おもしろく見えるものを見つけて笑ったり。
正直何かすさまじいものを感じるけど、何がどうすごいのか、コメンテーター的な事はいっさい言えないし
表現者としての個の確立以外にリスペクトする部分が見当たらない。
巨匠に対してなんと失礼な事を思うものかと自分でも思うが、正直そんなもんである。
1回400円のガチャガチャに可愛い手のモニュメントのミニチュアがあったので試しにやってみたら、
欲しいと宣言したものが一発で当たってびっくりした。
ちょっと岡本太郎が好きになった。

明日は後期からの新しい授業が始まるので少し楽しみ。
科目名からしてレイアウト系の授業かな。
好きな雑誌を持って来なさいとのことでした。岡本太郎展で買ったBRUTUSでも持っていこうと思う。

たーる…

相変わらずの暴風+豪雨
傘さして歩いていって飛ばされるか、レインコート着て原付で飛ばされるか
朝悩んだ末、レインコート着て足元に傘おいて原付で駅まで行くことに。

久しぶりにバイト先で派手にお腹壊して5分置きにトイレに行くような始末。
寝不足に加えて外との気温差から後押しされた感じ。
あまりにひどいのでこれ以上は撮影会の雰囲気と翌日に響くと判断し、早退させてもらうことに。
珍しく名駅からじゃなく田舎町の駅からの帰宅だったので、トイレ探しながらも台風で飛ばされたいろんなものを撮りつつ歩いてみた。標識がぶっ倒れてたのにはさすがにびびった。
自然の力ってすごいなぁ。
帰宅後ベッドに直行して今まで寝てました。だいぶ体調は戻ったかなぁ。

明日提出用のA4サイズの写真印刷しなくちゃ…
サクっと終わらせて寝よう。

2011-09-04_5184.jpg
NikonD700 f/1.4 1/1600 ISO200

2011-09-04_5181.jpg
NikonD700 f/2.0 1/500 ISO200

なんか妙にマゼンタがかってんな。WBオートだったのに。
訂正訂正…

2011-09-04_5184g.jpg

うむ。

でも訂正前の方が台風後の空気の色出てるかも…。

連れてって、これは命令

  • 2011/09/04 01:20
  • Category: 映画
『半分の月がのぼる空』

原作:橋本紡
監督:深川栄洋
出演;池松壮亮、忽那汐里

DVDのジャケット観て借りたけど、観ながら調べてて気づいた。
橋本紬さんの単行本何冊かもってた。
「空色ヒッチハイカー」「ひかりをすくう」「猫泥棒と木曜日のキッチン」
結構好きな作家さんだったのに代表作であるこの作品知らなかったなんて不覚…。

池松壮亮の演技はリアルな高校生らしい優柔不断さや必死さが漂ってて、すごく感情移入できた。
絵的にも病院などの暗所での描写は胸が高鳴るほど緊迫感と高揚感がこみ上げてきて、
良かった。
全体的にテンポも良くて恋愛ものの割に飽きずに観れた。
深川栄洋監督も姉妹校の卒業生ってことで親近感。他の作品も探してみようかな。

死ぬか、稼ぐか。

  • 2011/09/04 00:16
  • Category: 映画
『インシテミル』

監督:中田秀夫
出演者:藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみ、北大路欣也他

珍しく藤原竜也がヘタレ役。原作読まないとただの殺人ゲーム映像にしか見えないっぽい。
後からwikiとかで原作の設定みてるともっと盛り込むべきルールがいっぱいあった。
原作のボリュームがでかいとその分カットしなくちゃいけなかったりで映画での薄っぺらさが際立っちゃうんだね。
原作読もうかちょっと悩むなぁ・・・。
正直あんまり好きな感じじゃなかった。

せんたくのれんぞく

  • 2011/09/04 00:09
  • Category: 日記
バイトがなくなったので午前中はまったりと。
14時頃から8畳の和室にL判広げて
並べたり、並べ替えたり、組み合わせてみたり
あーでもない、こーでもないしてたら22時すぎてた。

2枚の写真に共通する色や形状、連想させる感情
繋がりをもたせるような流れや意味を見つける。

とりあえず無理やり1冊分はできた。
自分に課したノルマはあと2冊分。
レイアウトも考えなー・・・

明日はバイトあるそうな。
台風さんはよどっかいっておくれやす・・・。
2011-09-03_5089.jpg

Pagination

Utility

プロフィール

ぐい

Author:ぐい
平成元年。
写真の奴隷。

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。