スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瞬間・浮かび・儚く・輝いて

  • 2011/11/24 21:03
  • Category: 日記
展示のためのレイアウトにウンウン唸る毎日が続いております。
イメージに合う写真が少ないこと少ないこと。

だからといって先延ばしにしたくない、今この瞬間、このタイミング
自分が築けたものを形にしたくてしょうがない。
どんなに頭を掻きむしってもんどりうってもなかなか形にならない
悔しさと、この作業の楽しさにどっぷり沈んで
明日のことなんて考えられない状態でございます。

たっぷりたぷたぷ
ふんわりふわふわ
さらさらしんなり

そんな感じの写真が欲しくて欲しくてたまらん。
千里眼が欲しくてたまらん。

2010-04-04_0460.jpg


たまらん。
スポンサーサイト

光は友達

  • 2011/11/24 03:02
  • Category: 日記
大嫌いだったストロボ光。
どうしてもわざとらしさの抜けないあの固い光が嫌いで嫌いでどうしようもなかった。
はずなのに、今は大好き。
固い光もやり方次第で柔らかくなることを知ったし、撮影後の現像でどうにでもできることを知った。

結局「レタッチよりも何が写っているか」だけど、ストロボは暗闇の中では必要なものだけ写す手伝いをしてくれる。
バッチリ止めてくれる。肩組んで歩けるくらいの友達になった。

街灯は相変わらず少しいじわる。少しでも動くとガンガンぶらしてくる。
すぐにへそを曲げる短気な自分みたい。

終電で地元の駅について、改札を出ると極小の雨粒が霧状に空気中をただよっていて
街灯の光が放射状にうす明るくぼやけていて美しかった。
雨とも霧ともいえない不思議な天候だった。

家に着くころには晴れてしまったけど、道中夢中でシャッターをきった。
いつもなら素通りするような交差点の明かりもおかしなほど綺麗に見えた。
こういう偶然の中でカメラを持ってる自分はなんてついてるんだろうって思う。

2011-11-23_5859.jpg
NikonD700 f/1.4 1sec ISO400 TTL0.7段+発光

たまには子供にもどりなさい

  • 2011/11/21 03:12
  • Category: 日記
写真の新たな楽しみに日々驚嘆し、感動し、目から鱗の落ちる瞬間をもっと求めて。
もっともっとシャッターをきるんだろうね。

最高だよ

2011-11-20_4513.jpg
NikonD700 f/ 1/60 ストロボ照射

おはよ

  • 2011/11/16 07:09
  • Category: 日記
とりあえず写真だけ。

2011-11-15_3748.jpg

顔本。

  • 2011/11/14 23:44
  • Category: 日記
フェイスブック始めました。
がっこの先生にも見てもらえるので写真毎日アップするのに必死になってたらこっちの存在忘れてた。
いかんいかん。文章もアウトプットせにゃーならん。

最近市橋織江フリークなおかげで、今日のスタジオの授業もそれっぽいものを作ろうと
なるべく軟調な光にいっぱいとびちるようにレフ板はりめぐらしていっぱい光が回るセットを組んでみた。
どうなってるんでしょ。楽しみだね。フィルムたけーし、うまくできてるんかわからんけど
そういうドキドキたまんねー。

今日はうずきます。
どうしよ。
うん、今からロケいこ。

2011-11-13_3520.jpg
NikonD700 f/8.0 1/25 ISO800

ふんわり名人

  • 2011/11/08 01:51
  • Category: 日記
朝からあの軽いお菓子を食べて登校。
まだ鼻がぐずぐず言ってるけどピークに比べればすっかり楽になりました。

スタジオの授業では4x5カメラをつかっての煽り実習。
じいちゃんの形見の品の2眼レフカメラを撮影。
さっそく現像に出したのであがってくるのが楽しみ(*゚∀゚*)

放課後は普段あまり深くは話さなかったクラスメートと二人で書店をぶらぶらしながらバカな話したり、
飯食いながら写真の話をしたりと割と充実。

名古屋パルコの書店で見つけた市橋織江さんの「PARIS」っていう写真集が最高に素敵だった。
明るくてやわらかくて清々しくてさらっとしてて、
俺大好きじゃん。

2011-11-06_1843-67.jpg
NikonD700 f/5.6 1/80 ISO500 6x7トリミング

モチモチの木

  • 2011/11/01 07:35
  • Category: 日記
夜にストロボを使って撮影していると、あの小学校の国語の教科書にのってたお話の版画絵を思い出す。

『まったく、豆太ほどおくびょうなやつはいない・・・』

照射される青白い光に怯える被写体達
結局写真は写し鏡で怯えてるのは自分なのかな。

豆太のように怖くて寒くて足が血まみれになっても大事な場面で一心不乱に走れる底力を持っていたい。
そんな21歳。

2011-10-31_1511.jpg
NikonD700 f/1.4 1/60 ISO200
内臓フラッシュ照射 i-TTL-BL -3.0段

Pagination

Utility

プロフィール

ぐい

Author:ぐい
平成元年。
写真の奴隷。

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。