スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナーキーなアラーキー

20140129_2007.jpg

無秩序みたいな非日常を写真に求める事はよくある話。
エロスとバイオレンスが写真を強くする。なんて言われることも。

見る人によっては、現実感が写真だって言う人も、それを上回る非日常感を強く求める人もいるけど
作る側からしたら目の前にあるものしか撮れないし、それをどう受け取るかってところでしょう。
目の前をどんな景色にするかは撮る人次第なわけだけど。

写真が写真になってること自体が非現実的なことであるとも言えると思う。
それが楽しくて写真やってるんだろうね。

一場面の手の施せる範囲とか、想像させる力とか
ある意味動画以上に映像的な底力を持ってる。

ソチ五輪のフィギュア見てたらまたこんな時間。
浅田真央ちゃんの演技。よかったよ。ちょっと目頭熱くなった。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://yuangui8283.blog78.fc2.com/tb.php/642-1e2ce212

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ぐい

Author:ぐい
平成元年。
写真の奴隷。

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。